御朱印、とりあえず進んでみよう

昨年(H28)いろいろあって、単純に死にかけ、神道、仏道に改めて興味を持ち神社めぐりを始めた記録として始めました。

六椹八幡宮【山形県山形市】

 今回は山形県山形市に鎮座する【六椹八幡宮(むつくぬぎはちまんぐう)】を紹介します。お参り自体は去年になります。

こちらも例にもれず山形在住時は全く知りませんでした。自分のエリア外だとこれだけ意識しないものとあらためて思いましたね。

で、肝心の神社について

【御祭神】

  品陀別命(ほんだわけのみこと)

  玉依姫命(たまよりひめのみこと)

  息長帯比賣命(おきながたらしひめのみこと)

境内社

  住吉神社 海上安全・禊祓の神
  常盤稲荷神社 五穀豊穣・商売繁盛・産業繁栄の神
  妙見神社 星祭・厄除けの神
  金刀比羅神社 海上交通安全・福徳の神
【由来】
 社伝によると、御冷泉天皇の後代、前九年の役に際し、源頼義・義家父子が当地にクヌギの大木が6本そびえるのを見て、「陸奥の苦を抜く」に通じるものとして戦勝を祈願したとされています。
 最上家累代の祈願所、城下南部の総鎮護として厚く崇拝されてきました。
 又、最上家改易後の歴代の山形城主からも崇拝を受け、現在の本殿は寛永7年、時の城主鳥居忠恒が造営されたものであります。
 爾来、勝運(商運)の神、厄除け・安産・開運の神として広く崇敬を頂いております。

*Iタウンページ 六椹八幡宮 より、六椹八幡宮氏子青年会HPより 引用


f:id:tamtam7:20180101153121j:image
f:id:tamtam7:20180101153238j:image

天気の良い時に伺いましたが、新緑と、それによる影と日差しがなんとも言えない味を出していました。

 

手水舎です。
f:id:tamtam7:20180101153942j:image
狛犬がいます。

この突き上げたお尻がなんとも言えないポーズですね。
f:id:tamtam7:20180101153901j:image
f:id:tamtam7:20180101154037j:image

拝殿です。
f:id:tamtam7:20180101153409j:image
f:id:tamtam7:20180101154141j:image
f:id:tamtam7:20180101154211j:image

本殿をパチリ
f:id:tamtam7:20180101154242j:image

 

常盤稲荷神社です。
f:id:tamtam7:20180101154312j:image
f:id:tamtam7:20180101154338j:image
f:id:tamtam7:20180101154426j:image

妙見神社
f:id:tamtam7:20180101154508j:image

ほか住吉神社金刀比羅神社があったようですが確認できませんでした。お参りの時点では境内社をそれほど認識していなかったので単にスルーしてしまったのかもしれません。

 

頂いた御朱印です。
f:id:tamtam7:20170913211622j:plain

境内の授与所でいただきました。

なかなかかっこいいと思う御朱印でした

 

六椹八幡宮(むつくぬぎはちまんぐう)【山形県山形市

f:id:tamtam7:20180617071445p:plain