御朱印、とりあえず進んでみよう

昨年(H28)いろいろあって、単純に死にかけ、神道、仏道に改めて興味を持ち神社めぐりを始めた記録として始めました。

大衡八幡神社【宮城県大衡村】

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今現在1月3日前7時52分、なぜか徳島から新神戸駅に向かっているバスの中です。

1日の朝、嫁に徳島行くぞと言われ、むりくり首根っこ抑えられ新幹線で出発し、夜に着きとりあえずホテルに。

昨日2日は義理父に子供を連れていきました。まあ嫁と親父さんが4年前位から喧嘩してて、自分が合わなくていいように私を連れてきたらしい。実際親父さんも普通に生活できていますが高齢で癌の手術もしており、いつどうなるか・・・で『孫には会わせてやるわい!』との流れのようです。

間に入ってやってはいますが、嫁も超ガンコで。ただいままでいろんな苦労をしてきた嫁なので、したいようにしてやりたいところですが・・・人の気持ちはなかなか大変ですね。

で、子供を預けたあとの半日は好きにして良いと言われ寺社巡りをしましたが、それは次回にとして

宮城県大衡村に鎮座する大衡八幡神社です。

こちらの神社は国道4号線のチョットはいった所にあり、高速を使うようになってからは忘れていました。

神社巡りをやるようになって、あー、あそこにあったなと。御朱印が貰えるかは別として向かいました。

主祭神

応神天皇天照皇大御神天之御中主神(妙見菩薩)、白山比咩大神(白山権現

f:id:tamtam7:20170604155052j:plain

【由緒】HPより
八幡神社(別名:塩浪八幡神社 大衡八幡神社ともいう)の御祭神 八幡大神は、天文13年(1544年)大崎氏の家臣、黒川下総守景氏の二男である大衡治部大輔宗氏(おおひらじぶだいすけむねうじ)の居城(塩浪館又は越路館)として築城のとき城の鎮守として本丸に奉安された。天正18年(1590年)大衡治部大輔宗氏の子大衡氏胤が城主のとき豊臣秀吉の奥州仕置きにより伊達家の所領となり廃城となり、御祭神は大衡村に在郷屋敷をもつ伊達家中達により現在の社地に遷座されたといわれる。
その後伊達家藩主忠宗に見出された祈祷僧で本山派に属する良覚院修験快真の嫡子有真が、戸田定隆(俗姓戸田長五郎)として19歳で還俗し、寛永八年(1631年)12月大衡村竹ノ内に屋敷をかまえ、松本屋敷の良覚院修験三明院昌元(昌源)と共に村の神社として
護持された。
元禄10年(1697年)戸田長五郎勘太郎氏は、天照大神天之御中主神妙見菩薩)・白山比咩大神(白山権見)の三神体を奉安と土地三五〇文を寄進すると共に、別当寺の三明院昌元(社家の先祖)を初代別当にした。
安永年中(1772年~1780年)ごろ、大衡村は日照り、悪川(善川)の氾濫、疫病等により人心が乱れを鎮めるため三明院光秀別当伊勢参りをしたが、道中疫病で倒れ文政元年(1818年)まで無住となり、ご神体は境内地の地主横橋忠三郎が保管された。
文政元年(1818年) 八幡宮は三明院正善が再興し、文政六年(1823年) 再造八幡宮本地供すとの記録があり、現在の神殿の形状に遷宮された。
明治2年(1869年)年12月、明治政府に三明院元諄(櫻木元諄)が八幡神社宮司の復飾願により初代宮司に就任し明治6年1873年)3月大衡村の村社に列せられた。
明治17年、四村(駒場村、大森村、大瓜村、奥田村)の連合村となった大衡村の村社に列せられ、明治41年12月21日に、旧大衡村の9社を別宮・相殿神とし,現在に至る。

手水舎です。お参りのときは気づかず帰りがけに見つけました。・・ごめんなさい。

f:id:tamtam7:20170604154944j:plain

f:id:tamtam7:20170604154918j:plain

狛犬です、比較的新しいようです。

f:id:tamtam7:20170604154857j:plain

f:id:tamtam7:20170604154905j:plain

八幡様の拝殿です。

f:id:tamtam7:20170604154556j:plain

f:id:tamtam7:20170604154619j:plain

f:id:tamtam7:20170604154749j:plain

こちらが、境内社で金谷神明社です。

御祭神のメインは天照大御神のようです

f:id:tamtam7:20170604154604j:plain

f:id:tamtam7:20170604154702j:plain

f:id:tamtam7:20170604154712j:plain

 頂いた御朱印です。

f:id:tamtam7:20170617083727j:plain

駐車場脇の自宅?兼社務所でいただきました。

皇紀で書かれたのは初めてですね。あと初穂料は300円だったと思いましたが(お気持ちで、だったかな?)、なんかお守りやクリアファイルやら一杯貰った記憶が・・・またお参りにいきます。

今、高速バスのなかでかいてますが、最後にグチを!

嫁よ、せめてある程度計画性を持ってください!、このUターンラッシュのピーク日に予約もなしに移動を考えるのは止めてください、どうにかなるやろで巻き込まないでください。お願いします。